毛穴ケア化粧水ランキング | 開き・たるみを引き締めるスキンケアに欠かせないコスメは?

MENU
サイトマップ

妊娠中に出来るシミの対策として良いのは?

妊娠をすると、女性の体は妊娠状態を維持するためにホルモンの分泌量が増加します。

 

そのため、女性ホルモンのバランスが妊娠していないときと異なるため、あらゆる肌トラブルや体調に変化が起きるのですが、その代表とも言える症状がシミです。

 

普通なら加齢やターンオーバーの低下によってシミができますが、妊娠中は年齢に関わらず、それまでまったくシミがなかった人でもできやすくなります。

 

その理由は、メラニン色素の生成を促すメラノサイトという色素細胞を刺激する、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンにあります。

 

女性ホルモンが増加すると、メラノサイトがどんどん刺激されてメラニン色素を大量に生成してしまうため、色素沈着が引き起こされます。

 

さらに、ホルモンバランスが崩れてターンオーバーが低下している状態にあるので、シミが出来てしまうのですね。

 

これを改善するには美白ケアが必要になりますが、妊婦さんが安易に美白成分を使用するのは危険です。

 

メラニンの生成を抑制したり、排出を促進する効果がある美白成分というのは、刺激がとても強いので肌が敏感になっている妊娠中に使うとトラブルが起きるリスクが高くなってしまいます。

 

また、医薬品にも含まれる美白成分は、胎児に悪影響を与えるという報告はないものの、やっぱり避けておいた方がいいでしょう。

 

シミができやすい時は乾燥肌用の保湿重視でくすみケアも考えながら美白成分でシミを予防していくのがまずは良いです。

妊娠中に出来るシミのスキンケア方法

シミのスキンケア方法の基本となるのはUVカットです。

 

妊娠中は家にいることも多いかもしれませんが、紫外線は窓からも入ってくるので、昼間は必ず日焼け止め化粧品を使いましょう。

 

特に、頬骨あたりはシミが出来やすいので、重ね塗りをしたりこまめに塗り直すようにしてください。

 

出かけるときは、帽子や日傘でさらに紫外線をカットすることも必須です。

 

もう一つ重要となるのが抗酸化作用です。

 

肌の表面が活性酸素などによって酸化するとシミができやすくなりますし、メラニンの排出も滞ります。

 

こういった状態を防ぐために、抗酸化作用が高いビタミンCやビタミンEが配合されている化粧品を取り入れてスキンケアをしていきましょう。

妊娠中に出来るシミの対策として良いのは?の関連記事


毛穴ケア化粧水ランキング | 開き・たるみを引き締めるスキンケアに欠かせないコスメは? トップページ

人気の毛穴ケア化粧水おすすめランキング


毛穴ケア化粧水ランキング | 開き・たるみを引き締めるスキンケアに欠かせないコスメは?

毛穴ケア化粧水ランキング | 開き・たるみを引き締めるスキンケアに欠かせないコスメは?

開き毛穴が気になったり、たるみ毛穴が気になった場合には、化粧水でしっかり毛穴ケアしていくのが大事です。毛穴を引き締めるスキンケアには洗顔料が大事なわけですが、毛穴の汚れをしっかり落とすことで開き毛穴、たるみ毛穴の解消につながっていく事も多いです。毛穴ケアでは化粧水や洗顔料を始めとしたコスメをしっかり使っていく事でより毛穴ケアもしやすくなります。毛穴ケアをしっかり行う事で肌の状態も良くなるからどんどんスキンケアしやすくなっていくでしょう。良質なコスメを使って開き毛穴ケアをしていく上では肌や毛穴のお手入れ方法などをしっかり理解しておくのが大切です。その上で、たるみ毛穴に良いオリーブオイルなどを活用したりすることでより効果も出やすいでしょう。毛穴のトラブルは脂性肌や敏感肌などのトラブルにもつながりやすいので、特に肌がゆらぎやすい敏感肌の場合にはスキンケアしにくくなります。また毛穴ケアでは日々の汚れを取る上で毛穴を隠すファンデーションなどを活用する場合には、毛穴の中に皮脂汚れと一緒に汚れがたまり易くニキビなどが出来やすくなります。ですので、開き毛穴、たるみ毛穴をケアする上では、毛穴の汚れを日々取れるようにしていくと良いですね。




毛穴ケア化粧水ランキング リンク集

| 1 | 2 |

妊娠中に出来るシミの対策として良いのは?

妊娠中に出来るシミの対策として良いのは?に関するページです。